займ на карту срочно с плохой кредитной историей

1月 29th, 2018年

【うおまちさんぽ】「ママトモ魚町」代表の鶴田貴豊さん

2018-01-29

「ママトモ魚町」代表の鶴田貴豊さんです!

子連れママの休憩所・一時託児の「ママトモ魚町」が、2017年10月に魚町2丁目のサンリオ小倉ビルから魚町3丁目の中屋ビル2階のポポラート前へ移転しました。
休憩所・一時託児だけではなく、常設フリーマーケットがあり、親子向け講座やイベントも開催される子育て支援サロンです。
「ママトモ魚町」にお邪魔してみると、明るい笑顔で迎えていただきました。
笑顔が素敵でエネルギッシュな代表の鶴田さんに聞いてみました!(^^)!

子育て支援を立ち上げたきっかけは何ですか?

鶴田さんは2人の娘の母親。
娘さんは小学校の教師をしながら子育てをしていたのですが、子どもが病気の時に保育園に預けられず、仕事と育児の両立で四苦八苦。
その姿をみて「私が助っ人に!」と鶴田さんが孫の世話をするようになったそうです。
その時「娘のように仕事を頑張っているお母さんたちを助けたい!」と強く感じたのがきっかけで、孫が3人になった時に、会社を辞めて「お母さんたちが安心して働けるような施設をつくりたい!」と、まず自宅を開放して今できることから「チャイルドケアサポートセンター」を設立しました。
そして 持ち前の「何でもできることはやってみよう」精神で、働くお母さんの子育て支援を始めました。

そのエネルギッシュなパワーはどこから?

「仕事を頑張っているお母さんたちを助けたい!」という気持ちがあっても、なかなか行動に起こせないものですよね。
鶴田さんは、子育てしながらママさんバレーで大活躍!
ママさんバレーと言っても、所属していたチームは韓国や中国に遠征する活動的なチームなのです。
またPTAでは副会長を担当するなど、育児をしながらいろいろなことにチャレンジするスーパーウーマン!
若いころから、みんなに頼りにされる存在でした。
そんな鶴田さんの魅力に惹かれて人が集まり、今の「ママトモ魚町」が誕生したのでしょう。

「ママトモ魚町」の活動

子連れママの休憩所・一時託児のほかに、親子向け講座やイベントを開催しています。
年間4回ほど開催している「パパ友魚町」は好評イベントのひとつです。
また、イオンなどの商業施設での一時託児も行っています。
魚町銀天街の中に施設があるので、この立地条件を活かして、ちょっと一息ママの休憩所や気軽に子どもを一時託児してショッピングなどにもご利用いただけます。
「商店街のお店と連携しながら小倉魚町の活性化にも力を入れていきたい」とのこと。
これからの「ママトモ魚町」の試みが楽しみです。