魚町ヒストリー

 
江戸時代
魚町・京町に商家が建ち並ぶ
 ≪明治≫
明治
4年
  廃藩置県により、小倉県となる
明治
9年
  小倉県は福岡県に併合
明治
22年
  小倉町になる
明治
24年
  黒崎ー門司間鉄道開通(小倉駅は現在の西小倉駅の場所)
明治
32年
  森鴎外、歩兵十二師団(小倉城跡)軍医部長として赴任(約3年勤務)
明治
33年
  小倉市となる
明治
39年
  小倉・京町・魚町で「えびす市」始まる

     
明治
41年
  戸畑競馬場設立
明治
44年
  九州電気軌道の門司―小倉―八幡間開通

 ≪大正≫
大正
2年
 

小倉で全国特産品博覧会開催

大正
4年
 

北九州最初デパート開店
  (兵庫屋呉服店烏町)

大正
10年
 

この頃、北九州は4大工業地帯に数えられる

 
 ≪昭和≫
昭和
5年

魚町は呉服店・履物店が多く、小倉のファッションの中心として栄えた

     
昭和
20年

八幡大空襲。米軍、小倉に進駐

昭和
26年
  アーケード完成【日本初】
     

 

昭和
27年
魚町大火
昭和
28年
NHKテレビ放送始まる
昭和
28年
豪雨。大水害 特に小倉・門司被害大
昭和
30年
「無法松の一生」映画化で小倉祇園有名に
昭和
33年
小倉駅現在の場所へ移転・関門国道トンネル開通
昭和
34年
小倉城天守閣復元
昭和
38年
五市合併。北九州市発足
     
昭和
39年
東京オリンピック
昭和
40年
TNC(テレビ西日本・10ch) 「夜間飛行」番組提供
昭和
49年
小倉北区と小倉南区に分区
昭和
50年
山陽新幹線開通
昭和
52年
ひまわり打ち上げ・王選手ホームラン世界新 西日本総合展示場開設
昭和
54年
西鉄北方線廃止
昭和
56年

新アーケード完成

昭和
60年
都市モノレール開業
昭和
63年
第一回わっしょい百万夏祭り
 
 ≪平成≫
平成
5年
小倉そごう開店
平成
10年
小倉駅、新駅建設
平成
12年
魚町トイレオープン